テーマ:子供の頃

UFO

 子供の頃の夢の一つに一度UFOに乗ってみたいというのがあった。フライトシミュレータという技術がある。パソコン上で航空機の操縦をシミュレートするソフトであったり、大掛かりなものは、パイロットを養成する訓練に使われるもので、ほとんど実際の臨場感を作り出せるものがある。いずれにしても、実際に飛んでいないフライトなので、バーチャルである。機体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校

小学校、中学校と公立でした。私立は中学校があったが、経済的に無理だった。何か憧れがあり、 それがなんだったか今もわからない。私の中学校は1学年が12クラス。私立は2クラスしかなかった。 4年から6年上の上級生はいわゆるベビーブームの世代であり、コンクール、運動会、球技大会と何でも スケールが大きかった。近所にはそれなりに子供がたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇風機

夏の思い出は、昼寝だ。学校に行っている時は当然昼寝はしていないのに、 夏休みの午後はなぜだか昼寝をした。ただし、低学年の時だけで、高学年になると 遊びが忙しくて、昼寝どころではなかった。昼寝に欠かせないものは、扇風機だ。 これも遊び道具の一つになった。羽根を指で止めたり、首ふりにしておき、首を押さえて首が振れなくしたりした。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和

「昭和の時代」今思えばなつかしい気がする。生まれものごころ付いて、大人になって、 私は、ずうーと「昭和」だった。昭和が永遠に続くと錯覚していた。この年代の貴兄もそう思っていたに違いない。 正月はまだ特別な意味を持っていた。新たな年が来る、昨日までと違った空気の朝が来た。 そして、日の丸がどこの家も掲揚された。 国民の祝日に家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地図

よく地図を見ながら、夢を見た。雑誌の付録に海賊船が財宝を積んだまま沈んでいる場所を記した地図があって そこに行けば財宝が手に入ると信じていた。家の回りの地図から世界地図まで、いろいろな縮尺の地図を見ていたように思う。そこから、宇宙や星空に興味が飛躍していったようだ。地図上の鉄道を追って見ていくと、そこに行ったように錯覚する。見知らぬ土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルバイト

アルバイトは主に新聞配達だった。学校の帰りに夕刊を配達して、 夏休みは朝刊も配達した。新聞配達を始めたのは、中学校になってからで それまでの夏休みは友達のお父さんがやっていたラムネやジュースの 木箱詰めや、駄菓子屋に卸す仕事を手伝っていた。その頃の事であるから ほとんど遊びだった。その友達はお駄賃をもらったのかどうか知らないが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野球少年

野球と言っても、正確にはソフトボールです。もちろんサッカーもバスケットボールもしましたが、 何といっても、そこそこの人数の友達が集まれば野球だった。大抵はグローブを持っていた。 私の貧しい家でもなぜかグローブとバットだけはあった。父とはキャッチボールもよくした。 でも真新しいグローブを買ってもらった記憶がない。今思えば多分中古を買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローラースケート

ローラースケートにも憧れたが、持っている友達から借りるしかなかった。 ほとんどの友達が持っていなかったので、持っている友達にしても貸してやらなければ 一緒に遊べないことになる。場所も限られていた。道路は舗装などしてなく、砂利を敷いていたので、 そんなところでは、滑れない。公園の一角だけコンクリートを打っている場所があったので、そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more