口座開設

 先日テレビ番組で列車の運行管理を手動でしている路線があると報道していた。ポイントの切り替えや信号の切り替えなど人が確認して操作するのだそうだ。今の時代だからコンピュータ制御にできないことはないが、あえてしないという。決まった手順の運行ならコンピュータでもできるが、一旦イレギュラーがあると人に頼らざるを得ない。
 ネットで取引するのなら、この証券会社が一番いいとある人から教えられたので、自分なりに取引手数料やら、使えるソフトなどを調べて、納得したのでいざ開設しようと、その証券会社のホームページから開設の手続きに進んだ。基本的なデータを入れて最後に申し込み書の送信ボタンを押したところ、既に口座が開設されています、というメッセージが出て、それ以上進まない。口座を開設したことについて全く身に覚えがない。もし開設の手続きをしているなら最初にログインパスワードが郵送されてきているはずだし、それなりの書類もあるはずと思い、机の引き出し、本棚の中を捜したが何の痕跡も見つからない。メッセージの下の方にはサービスセンターの電話番号が書かれていて、詳しくはそちらに連絡するようにという内容だった。でも、もし偽ホームページで何かの詐欺にでも引っかかったりすると大変だと思い直してそこに電話するのはやめた。
 そこで、再度信頼できるサイトからリンクの張っているその証券会社に行き、もう一度一からやり直した。やはり同じで、既に口座が開設されている可能性があるという。今度は仕方がないので意を決して電話することにした。調べてもらったところ、やはり以前口座を開設していたらしい。必要最低限のことは聞かれたが、新たにパスワードを郵送するので、それでログインしてくださいということだった。結果的には取り越し苦労だったが、最後は担当者が電話口に出てきて対応してくれたので解決した。重複して口座を持てないことを知らせることはコンピュータにできる。でも、既に口座を持っている人が口座開設を申し込んだ場合の対応はコンピュータに任せないようにしているのだろう。人工知能が発達したとは言え、まだまだ及ばないものなんだと思う。

最新 海外口座の開設・活用徹底ガイド
日本実業出版社
岩崎 博充

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最新 海外口座の開設・活用徹底ガイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック